By   5月 7, 2017

model-1814200_960_720

ニキビをつぶしたら痕が残ってしまった…。しかも中々消えてくれない…。

ニキビが出来たことのある人が必ずぶつかる悩みの一つが、ニキビ跡。ただ基礎化粧品でケアするだけではニキビ跡をきれいにすることはできません。美容外科でレーザー治療する人もいらっしゃいます。

私もニキビ跡ができたときは本当に落ち込みました。高い化粧品や治療はできませんでしたので、家でできる方法を探し、実践しました。その中でも効果のあった方法をご紹介します。

化粧水で集中パック

肌のターンオーバーには水分が必要不可欠です。くすみや荒れは肌に水分補給をさせると早く治まります。

ニキビ跡とは、肌の奥がニキビによって傷つけられてできるものですので痕を消すには肌のターンオーバーを促さなくてはなりません。
スクラブなども効果的ではありますが、強くこすったり頻繁に使用することで色素沈着やしわの原因になる事も。それなら、肌の再生力を助けてあげる方が安全ですし、効果的です。

コットンに美白効果のある化粧水を浸し、ニキビ跡のある場所に3分間乗せてパックすると集中して水分補給できます。あまり長い時間乗せているとコットンが水分を取り除いてしまうので長時間載せないようにして下さい。

ハトムギ茶を飲むようにする

ハトムギは漢方ではヨイクニンといい、いぼやシミに効くとされています。化粧水でも最近注目されているものですが、スーパーなどでお茶として売っています。味は麦茶のような香ばしい味がします。

体の老廃物を排出する効果があり、デトックスも期待できます。ノンカフェインですので夜も気にせずに飲めます。ミネラルやビタミンが豊富なので栄養補給も兼ねて飲んでいたのですが、普段のお茶をハトムギに変えるだけで肌が滑らかになり、くすみやニキビ跡が消えました。

レバーや魚介類を多くとる

ニキビ跡にはビタミンCが効果的なのですが、ビタミンCだけ摂っていても効果を発揮できないそうです。ビタミンAやB1などもしっかり摂っておかないと、ニキビ跡をきれいにすることはできません。

ビタミンCの力を引き出す食べ物としてレバーはとても理想的な食べ物です。ビタミンはもちろん、血液の材料となる鉄分が豊富に含まれているので体の回復を早めることができます。血液は肌の回復に密接に関わってくるのでビタミンだけでなく鉄分やミネラルも摂取するようにしましょう。

魚介類には良質のたんぱく質やコラーゲンを含んでいます。これらは肌を修復する材料となります。ビタミンCと共に摂取する事で効果を発揮します。また、魚介類の油には紫外線から肌を守る成分が入っています。ニキビ跡に紫外線があたると治りにくくなるのですが、魚介類の油はそれを防いでくれるのです。

外からのケアだけでなく、内側からのケアもすることで他のケアの効果を上げたようです。

ニキビ跡にはできるだけ早いケアが効果的でした。一つの方法だけでなく、様々な角度からきれいにしていく必要があるんじゃないかな、と思います。

詳しくはニキビ跡を消すをよく読めば、専門知識も蓄えることができるので、もうニキビ跡も怖くありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です